ゲストに笑いと涙を与えるプロフィールビデオ〜スマイルビデオ〜

お幸せに

上手な写真の選び方

新郎新婦

結婚するまでの2人の生い立ちを紹介する映像が、プロフィールビデオです。結婚式でプロフィールビデオを上映する場合、映像制作会社などの業者に依頼したり、友人知人に依頼したり、自作したりなど様々な選択肢があります。どの方法で制作するにしても、感動的なプロフィールビデオにするなら、写真選びは重要になります。写真とBGMで構成されているので、写真選びは映像のクオリティを大きく左右します。結婚式で上映するビデオなので、多くの写真を使いたいと思ってしまいますが、それでは自己満足になってしまいます。上手に写真を選んで、ゲストも楽しめるようなプロフィールビデオを作ることが大切です。

プロフィールビデオを写真の選び方としては、まず生い立ちの部分での成長過程が、わかりやすいような写真を選ぶと良いです。子供の時の写真や、大人になってからの写真が交互に出てしまうと、ストーリーはめちゃくちゃですし、感動もありません。人生の節目の写真をしっかりと選ぶことで、見やすいプロフィールビデオとなります。同じような写真を立て続けに使うのもあまり良くありません。見ているゲストはすぐに飽きてしまうので、笑える写真、泣ける写真などバリエーションを持たせることも重要です。プロフィールビデオの制作を依頼する時や、自作する時に悩むのが、写真の枚数やビデオの時間です。長すぎると飽きてしまうので、4分〜10分程度にまとめた方が良いです。また、1枚の写真を見せる時間は、7秒低程度だと、写真を認識できる良い時間です。これを逆算して、写真の枚数も決めることができます。

作る4つの方法

外人の新郎新婦

結婚式の演出の定番、プロフィールビデオですが、これを作るを方法は大別して4つあります。式場のプラン、制作会社、ソフトで自宅、WEBサービスで自作という方法です。それぞれかかる費用やメリットは異なります。

気になる方はコチラ

自作のポイント

指輪

最近のトレンドとなっているのが、プロフィールビデオの自作です。結婚式にかけるお金を抑える傾向が強くなっているので、自作する人が増えているのです。コツを抑えておくとクオリティ高い映像を作れます。

気になる方はコチラ

知っておきたい注意点

白黒写真

プロフィールビデオを制作する時に注意しておきたいのが、エフェクトを多く使うことです。エフェクトを多用すると、クオリティ高い映像に見えますが、見づらいビデオになってしまいます。

気になる方はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加